SEO対策の基本「ドメインパワー」とは?コンテンツ制作の際に関して知っておくべきこと

2021/09/24
リードジェネレーション ドメインパワー SEO対策の基本「ドメインパワー」とは?コンテンツ制作の際に関して知っておくべきこと

SEO対策を駆使してWebサイトやコンテンツをGoogle検索上位に表示させ、見込み客の獲得やセールスへの橋渡しを実現したいと考えているのであれば、「ドメインパワー」への理解が不可欠です。

必要なキーワードを抽出し、トピッククラスター式にコンテンツを用意するだけでは高いSEO対策効果は期待できません。ドメインパワーを考慮したコンテンツ制作を行なってこそ、より戦略的なSEO対策を実施でき、デジタルマーティングの成果を高めてくれます。

本記事でお伝えするのはドメインパワーとは何か、なぜ大切なのか、調査方法は何か、そしてドメインパワーを上げるための方法とは。SEO対策では決して軽視してはいけない指標なので、この機会にドメインパワーの知識を深めておきましょう。

ドメインパワーとは

Webサイトごとに割り当てられた「◯◯.com」や「◯◯.co.jp」の部分をドメインと呼びます。ドメインとはいわば「Webサイトのアドレス(住所)」のようなものです。インターネットという広大な土地の中には、無数のWebサイトが存在します。各Webサイトを識別するためのアドレスがドメインであり、世界には同じドメインが1つとして存在しません。

ドメインの解説

ドメインパワーとは「1つ1つのドメインの強さ」です。要するにWebサイトそのものが、Googleからどれくらい高い評価を受けているか?の指標になります。

Googleの品質評価ガイドラインである『General Guidelines』ではドメインパワーに関する言及はないものの、Webサイトの専門性、良質な被リンクの数、ドメインの運用歴などを指標としているのは明らかであり、ドメインパワーは確かに存在します。

ドメインパワーがSEOで大切な理由

SEO対策上、ドメインパワーが如何に大切かは「Wikipedia」を例に挙げるとわかりやすいでしょう。Wikipediaとはご存知の通り、世界中の有志によって執筆・編集されているフリーの百科事典です。

Wikipediaに掲載されている情報は膨大であり、一部の情報は信頼性が高く、従って多くのWebサイトの被リンクを獲得しています。ドメインの運用歴も長いので、ある方法でドメインパワーを確認するとかなり高い数値をマークしていることがわかります。

従ってWikipediaに新しく追加されたコンテンツは比較的素早くGoogleにインデックス(登録)され、Google検索の上位に表示されやすくなっています。これはGoogleがドメインパワーが強いWebサイトを優先的にクロール(評価)するからであり、クロールの頻度が高いほどSEO対策として効果が高いのです。

自社サイトに置き換えて考えてみましょう。他社サイトが作成したコンテンツがGoogle検索に上位表示されているとします。同じキーワードで他社サイトよりも上位表示させたい場合、まずドメインパワーを考慮しなければいけません。

ドメインパワーが他社サイトよりも著しく低い場合、質の高いコンテンツを制作しても他社サイトコンテンツよりも上位表示されない可能性が高いでしょう。したがってドメインパワーを強化するか、ロングテールコンテンツを制作するなどの戦略を取る必要があります。

SEO対策ではコンテンツのキーワード含有率や文字数、情報の網羅性ばかり重視されがちです。しかしドメインパワーを意識することで、より効果の高いSEO対策を実施し、競合優位性を高められるかもしれません。

ドメインパワーを調べる方法

SEO対策でドメインパワーが重要と理解しても、実際どうやってドメインパワーを計測すれば良いのでしょうか?

以前はGoogleが定める「サイトパワー」と呼ばれる指標を検索エンジンで確認できたのですが、今では停止されています。単純に被リンクや含有キーワードの多さを重視した指標だったので、ブラックハットSEOを利用したWebサイトのパワーが自然と高い傾向にあったからです。

そのため自社サイトや他社サイトのドメインパワーを調べるには、外部ツールを利用する他ありません。ここでは著名な4つのツールを画像付きでご紹介します。

Moz Link Explorer

Moz(モズ)は世界的に有名なSEOツールベンダーであり、いくつか無料のSEOツールを提供しています。そのうちの「Link Explorer(リンク・エクスプローラー)」各サイトのドメインパワーを計測可能です。それでは、使い方をご紹介します。

まず、Link Explorerのトップページにアクセスし、ドメインパワーを調査したいURLを入力して「Get free link data」をクリックしてください(今回はHubSpotブログのURLを入力)。

Moz Link Explorer1

すると以下のようにメールアドレスやパスワード、職業などを入力するポップアップが表示されるので全て入力し、「I agree to the Moz~」と「私はロボットではありません」の両方にチェックを入れ「Create an account」をクリックしてください。

Moz Link Explorer2

Mozからアカウントをアクティベートするためのメッセージが登録したメールアドレス宛に届きます。メッセージを開封して「Activate Your Account」をクリックしてください。これで準備は完了です。

Moz Link Explorer3

最初に入力したURLに関する分析データが早速表示されます。各種データのうち、ドメインパワーに当たるのは「Domain Authority」と表示されている部分です。ここの数値が1~100で表示され、100に近いほどドメインパワーが強いことになります。

Moz Link Explorer4

自社サイトと他社サイトを比較した際に、Domain Authorityが自社サイトの方が高ければ他社サイトのコンテンツよりもGoogle検索で上位表示される可能性が高い、ということになります。無料ツールで表示できるのは極一部のデータです。Moz Proにアップグレードするとコンテンツごとの検索ランクチェックや、WebサイトのSEO的問題を発見してくれる独自のクローラーなども利用可能です。各プランの価格と一部機能の比較表は以下の通り。

年間プランは月間プランよりも20%お得に利用できるので、Moz Proを導入したい場合は年間プランがお勧めです。

Moz Link Explorer5

MozBar

続いてご紹介するのは、同じくMozが提供する「MozBar(モズバー)」というドメインパワー計測ツールです。上記のLink Explorerをかなり簡易的にしたツールとお考えください。実際、ツールというよりChromeブラウザに導入可能なプラグイン(拡張機能)であり、純粋にドメインパワーだけを計測したい場合はMozBarの方が簡単ですし、作業も早いです。ちなみにMozBarもMozの無料アカウントを開設する必要があるので、前述の手順にて作成しておきましょう。

では使い方をご紹介します。まずはChrome ストアのMozBarページにアクセスし「Chromeに追加」をクリックしてください。

MozBar1

ポップアップが表示されるので「拡張機能を追加」をクリックしましょう。

MozBar2

画面右上の「拡張機能設定(パズルマーク)」をクリックすると、MozBarの横にピンマークがあるのでクリックし、ブラウザのツールバーにMozBarがピン留めされるようにしましょう。アイコンがグレーなら機能OFF、ブルーなら機能ONの状態です。

アイコンをクリックするとON/OFFを切り替えられます。MozBarをONにすると、次のようなツールバーが表示されるようになります。

MozBar3

デフォルトではUS版のGoogleが調査対象になっているので設定を変更しましょう。「Google US (non-personalized)」の部分をクリックし、表示されたメニューから「+Add New Profile」をクリックしてください。

MozBar4

すると設定画面が表示されるので、「United States」と表示されている部分を「Japan」に変更し、「Name」を「Google JP (non-personalized)」に変更したら「Create Profile」をクリックしてください(Nameは任意の名称でも問題ありません)。

MozBar5

これで設定は完了です。「Google US (non-personalized)」をクリックすると表示されるメニューの中に新しく作成したプロファイル「Google JP (non-personalized)」が追加されているのでクリックしてください。すると次のように、Googleの検索結果ごとに「PA」と「DA」という指標が表示されます(ここでは「インバウンドマーケティングとは」と検索しています)。

MozBar6

DAと表示されているのがDomain Authority、つまりドメインパワーです。PAと表示されている部分は「Page Authority」といって、いわば「コンテンツごとの強さ」です。DAと同じく1~100の数値で表示されますが、50を超えることは滅多にありません。

もしもPAが30以上あればそれなりに強力なコンテンツなので、自社コンテンツを上位表示するにはより多くの情報を網羅したコンテンツや、よりユーザーに有益なコンテンツを作成する必要があります。DAが近いかどうかも重視してください。

MozBarはGoogleの検索結果だけでなく、アクセスした各ページ上でもPAとDAを表示してくれます。

MozBar7

ページごとに確認するとPAとDAに加えて「Spam Score」が表示されます。1~30%なら低い、31~60%なら中程度、61~100%なら高いと判断されます。Spam Scoreが高いほどSEO対策では不利になる可能性があるので、企業Webサイトなら5%以内を目指しましょう。

ahrefs

続いてご紹介するのは「ahrefs」というSEOツールです。残念ながら無料ツールは提供されていないので、有料ツールを契約するか7日間のトライアルを利用する他ありません。ちなみに各プランの価格と比較表は次の通りです。

ahrefs1

ちなみに7日間のトライアルは無料ではなく、7ドル(約770円)かかるので注意してください。ahrefsでドメインパワーをチェックするには「サイトエクスプローラー」という機能でデータを開き、「DR(ドメインレーティング)」という指標を確認します。数値は1~100で表示され、高いほどドメインパワーがあるということになります。

 ahrefs_function_keyword

この他の機能としてはSNSで人気の高いコンテンツを素早く検索できる「コンテンツエクスプローラー」や、キーワードごとの検索ボリュームや上位表示難易度を調査できる「キーワードエクスプローラー」などがあります。

<コンテンツエクスプローラー >

ahrefs_function_content

<キーワードエクスプローラー >

ahrefs_function_keyword

ちなみにahrefsは株式会社フルスピードがオフィシャルパートナーとして販売をサポートしていますが、サービス提供自体はAhrefs社が行っています。サポート対応も英語で行われるので、その点に注意してください。

ドメインパワーを強化する方法

ドメインパワーの重要性は理解した。調査方法もわかった。では、ドメインパワーはどうすれば強化可能なのか?そのためには、やるべきことは6つあります。1つ1つの方法を丁寧に実施することでドメインパワーの強化が期待できるので、ぜひ実施してください。

インバウンドリンクを獲得する

インバウンドリンク、いわゆる「被リンク」と呼ばれる他のWebサイトから自社サイトやコンテンツへのリンクのことです。インバウンドリンク先が優良サイトならそれは「良質な被リンク」と判断され、Googleからの評価が上がります。ちなみにインバウンドリンクの獲得方法は次の通りです。

  • 専門性が高いコンテンツを配信する
  • 複数の調査データをまとめたコンテンツを制作する
  • SNS等でWebサイトやコンテンツの露出を増やす
  • Webサイトにシェアボタンを設置する
  • クライアントの事例紹介コンテンツを制作する

上記を実施したからといって、確実にインバウンドリンクを獲得できるわけではありません。あくまで「インバウンドリンクを獲得できる可能性が高まる施策」です。しかし根気良く丁寧に実施すれば、確実にインバウンドリンク獲得へ繋がります。

コンテンツを追加する

Webサイトに掲載されているコンテンツの量は、そのWebサイトの専門性や権威性に影響します。つまりコンテンツ量が多いほどドメインパワーが高まる可能性があるのです。ただし、ユーザーの利益にならないような無駄なコンテンツを増やすのではいけません。Googleはあくまで「ユーザーの利益になるコンテンツ」を評価しているので、1つ1つのコンテンツはやはり丁寧に制作する必要があります。

ドメインの寿命を長くする

ドメインパワーは、ドメインの運用年数が多いほど強くなる傾向にあります。もちろん、ドメインが取得されているだけで長い間放置されているような場合は例外です。従って、一度ドメインを決めたら継続して同じドメインを使用することをお勧めします。ドメインを頻繁に変更すると「ドロップキャッチ」と呼ばれるドメインの再取得により、スパム率の高いWebサイトに再利用される可能性もあるので注意してください。

更新頻度を高める

Googleは検索上位に表示されるWebサイトとコンテンツに対して、「E-A-T」という評価基準を用いています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

もう1つ重要なのがWebサイトやコンテンツの「Updateability(更新性)」であり、頻繁に更新されるWebサイトの方がGoogleからの評価が高くなる傾向があります。すなわちドメインパワーの強化に繋がるので、更新頻度を高めるのも重要な強化方法です。

SEOのアーキテクチャの“いろは”を押さえる

SEO対策ではコンテンツ制作だけでなく、Webサイトそのもののアーキテクチャ(構造)にも着目しましょう。「SEOに強いWebサイト」というのはアーキテクチャから最適化されており、SEO対策の“いろは”を押さえることがとても重要です。

例えば「見出しタグを適切に使用する」など、基本的なポイントを徹底するだけでもSEO対策になり、ドメインパワーを強化できる可能性があります。

サイトにアクセスを集める

当然のことながら、Webサイトのアクセス数が多いほどドメインパワーも強くなります。では、アクセスを集めるにはどうすれば良いのか?上記にご紹介した5つの施策を、1つ1つ丁寧に実施することです。

ユーザーの利益になるコンテンツ制作を常に心がけ、SNS等を活用して露出を増やし、オウンドメディア運営やコンテンツマーケティングを根気良く継続することが極めて大切です。Webサイトへのアクセスをコンスタントに集められるようになれば、ドメインパワーは自然と強くなっていきます。

ただし、目先のアクセス数に囚われてオウンドメディアのコンセプトに合わないキーワードでコンテンツ制作を実施するのは厳禁です。専門性が下がり、Googleからの評価も下がってドメインパワーが上がらない可能性が考えられます。

まとめ

日頃のSEO対策、オウンドメディア運営に「ドメインパワー」というたった1つの視点を取り入れるだけで、運営やコンテンツ制作は大きく変化します。自社サイトと他社サイトのドメインパワーを意識するだけでも、いつもと違った戦略が取れるようになり、SEO対策効果も高まるでしょう。

これからオウンドメディアを立ち上げるという企業は、最初からドメインパワーを見据えて「途中で投げ出さない、継続性の高いドメイン」を慎重に考えてからドメインを取得していください。ドメインの寿命はドメインパワーにかなりに影響を与えていると考えられるので、実はオウンドメディア立ち上げから重視していただきたいポイントです。

以上で、ドメインパワーに関する解説を終わります。「今までドメインパワーを意識したことがなかった」という方は、この機会に新たな戦略としてデジタルマーケティングに取り入れてみてください。

戸栗 頌平(とぐりしょうへい)

著者情報 戸栗 頌平(とぐりしょうへい)

株式会社LEAPT(レプト)の代表。BtoB専業のマーケティング支援会社でのコンサルティング業務、自社マーケティング業務、営業業務などを経て、HubSpot日本法人の立ち上げを一人で行い、後に日本法人第1号社員マーケティング責任者として創業期を牽引。B2Bの中小規模企業のマーケティングに精通。趣味で国外のマーケティングイベント、スポーツイベント、ボランティアなどに参加している。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

資料請求